同業者への転職 派遣から契約社員へ

私は、派遣社員としてある大手企業へ営業事務として入社しました。仕事内容はアシスタント業務で二人の営業マンをサポートする仕事ですので、営業マンとのコミュニケーションが必要不可欠になります。私の他には契約社員一人と正社員の女性がおり、支店の営業マンを三人の女性で分担してサポートしていました。

仕事内容は専門性が高い為、難しく始めの頃は失敗ばかりでしたが、徐々に失敗も少なくなり仕事も順調にこなせるようになり余裕が出てきました。

お昼はいつも契約社員の方と二人で食べていたので自然と仲も良くなり雇用形態ななどの込み入った話までできるようになりました。

派遣社員の場合は3ヶ月毎の更新で企業側から断られたら退職しなければなりませし、賞与も交通費も有りませんから非常に不安定な立場です。契約社員はどちらも支給されていて一年更新だと教えてもらいました。

同じ仕事をしているのに雇用形態が派遣社員だとどちらも貰えないしいつクビになるかも分からない不安から、私は転職活動をする事にしました。ハローワークに通い自己のスキルで正社員で雇ってくれそうな企業を探し何ヵ所か応募しましたが、なかなか面接まで行けなくて半ば諦めかけた所契約社員で交通費支給の派遣先と同業者企業の募集を見つけました。

早速ハローワークの担当の方に連絡して頂きやっと面接までいくことが出来ました。私は正社員が無理ならせめて契約社員になりたいと考えてましたので、企業面接では派遣先での仕事内容と自己のスキルなどを猛烈にアピールしました。

面接は二次面接まであり二次面接まで進む事になり、次の面接で合格できるように企業案内企業指針など読み込み、自己のアピール内容についてまとめ直したりしました。結果採用が決まり、派遣社員から契約社員へステップアップして現在も勤めていますが、次はこの企業の正社員化を目指して頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です