薄給にブチ切れして転職決意

私が就職したのは、去年の四月。
新卒入社した当初は月給20万、手取り額でいえば約18万でした。
しかし、入社して3~4か月程度ですぐ、「会社の業績低下」を理由にすぐに2万円ほど下げられました。
すぐに「これは詐欺じゃないか!」とやり場のない怒りにさいなまされましたが、
社会人になりたてだった私は「社会人と生きるというのはこんな感じなのか」と堪えてきました。
しかし、今年の10月に入ってから二度目の給与ダウンが決行され、さらに2万ほど手取りが減りました。
理由は今回も「会社の業績低下」が理由でした。
この時の給与明細を見て、私はこの会社を辞めることを決意しました。
その後、私は転職サイトをいくつか見て、少しずついろんな企業の募集を見ていました。
が、あまりにも同じような会社が多くてうんざり…。
どうも人手不足な会社というのは、何かしらの共通点があるような気がしました。
そして正社員募集の少ないこと。
契約社員やパートの募集は多いのですが、さすがにそれでは将来が不安ですし…。
結果的に、11月の末に転職先が決まり、12月から新しい職場で働くことができました。
11月の給与もまた下がっていて、しかも給与額が手取り10万と厳しいことになっていたので、本当にギリギリでした。
さてさて、これからどんな生活が始まることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です