普通の仕事と好きなの仕事どっちをとるか

求人募集の誰にもできるというキャッチコピーに惹かれて、低月給だった好きな仕事を辞めて、そこそこな給料の事務受付へ転職した。
就職後、確かに一か月で一通りの業務を覚えることができ、すぐに仕事になじむことができた。人間関係も良好で、受付でやり取りするお客さんとの会話も楽しかった。事務系なので、パソコン操作では肩が凝ることもあったが、体力的にはきつくなく、毎日出勤しても良いくらいだった。少しずつ自分にしかできない仕事も頼まれて嬉しかった。
しかし、2年が経ち、平凡なことに少し飽きてきたのだと思う。楽しいし、仕事自体は全く嫌ではないのに、どこか物足りなさを感じるようになった。昔は体力的にもきつく、人間関係でもよく問題があったけれど、やっぱり仕事自体が好きだったのだと思った。お金でもなく、人間関係でもなく、体力でもなく、自分がどれだけその仕事に対して好きと思えるかなのだとやっと気づいた。好きだったら、どんなに大変でも長く続けられるんだと感じた。平凡な仕事では飽きてしまって、辞めたくなってしまう。お金が安ければ、なにか副業を見つけたり、工夫をしたりすればいいと考え直し、また元の職種に転職しようと思った。

転職について、私が思うこと

こんにちは。今日は転職のことについて書いていきたいと思います。
転職には、いい転職と悪い転職があると思います。いい転職の例を挙げておくと、現在の会社でも結果を出して、尚且つやりたい仕事がある為に転職するということ・ヘッドハンティングをされたということです。
悪い転職の例は、現在の会社で結果を出していないのに転職をするということ・あまり考えずに転職するということ・やり甲斐が感じられないから転職するということだと思います。
いい転職ならばいい結果が得られると思うのですが、悪い転職だとそうはいきません。転職先でも、同じことを繰り返す可能性があります。
ですから、安易に転職をするのはいい判断とはいえないのです。最低でも、現在の会社で結果を出すことです。やり甲斐なんかは関係ありません。会社にとっては、社員というのは仕事が出来るか出来ないかのどっちかなのです。
よく、自己実現や自分の夢を語る人がいますが、世間知らずとしかいいようがありません。まずは仕事で結果を出して、会社に貢献すること。貢献が出来て、初めて転職のことを考える資格が生まれると思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。